2013年9月30日月曜日

剪定

今朝は、お隣の畑で野焼き(草刈したあとの始末)が始まり、辺り一面が煙っています。
なので、こちらも負けじと、庭の手入れなどを・・・。

前から気になっていた、伸び放題のキンモクセイの枝を少し剪定してやりました。
見栄えは、まあアレですけど、これで、今まで使っていなかった物干しが使えるかな?
いずれにしろ、手が届かなくなると手入れができなくなるので、少しずつ刈り込んで、こじんまりとさせたいなあと考えています。

刈り取った枝は、1m未満に縛ってゴミの日に出します。

この辺りが蒜山と違って面倒なところですね。
蒜山なら、迷わずみなキャンプファイヤー!ですけど。笑

少し見た目もスッキリしました。

2013年9月29日日曜日

聖霊降臨後19主日

今週で9月も終わりですね。
9月29日は 苦肉の日?

イエス様が私たちの救いのために、十字架で苦しまれ、肉を裂き、血を流して下さった御業を覚えつつ。
礼拝は午前10時半から始まります。
お近くの方は、どうぞご遠慮なく。

ライブ配信も同刻スタートします。

2013年9月28日土曜日

天国まで続いてる道 それはイエス様

本日もサタデーくらぶです。
敬老の日と秋分の日と、2週続いた週末連休も終わり、今日は平常どおり。
卓球部が午後のため、卓球部OBと美術部と伊木家のいつものメンバーですが、楽しく礼拝しました。

本日の聖書箇所はルカ16章の金持ちとラザロのお話し。

ルカ16:31 アブラハムは言った。『もし、モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう。』」

たとえ死者が生き返ったとしても、おそらく誰も耳を傾けようとしないでしょう。
天国へ入るためには、とにかく聖書の御言葉を信じることが大切なのです。


狭いけど小さいけど見つけづらいけど、素晴らしい命の道。
すすめすすめ天国の道。


写真は、本日のゲーム。
ボールを椅子の上の座布団の上に投げて落ちなければセーフ。


天国への道は狭いけど、そこを目指して、ススメ!

オープン

玉島教会のすぐ近くに、本日、新しいホンダのお店がオープンしました。
HONDA CARS倉敷東玉島店さんです。
10時開店直後、さっそくお邪魔させてもらいました。

でも、この5月に車を買い換えたばかりなので、今のところ新車購入の予定はありませんが、購入したばかりの車がホンダのフリードなので、車検等のアフターサービスをお願いしようかなあと考えています。

ところで、この新しいホンダのお店ですが、教会と同じように車だとちょっと入りにくい場所にあるので、そのせいか、店員さんがとても素晴らしい笑顔でお迎えしてくださいます。
中に入ると、サッとお茶も出してくださいますし、どんな些細なご用件でも気兼ねなくお申し出下さいと、サービス精神満点ですね。

こういう所は我々も見習いたいものです。

ホンダの店員さんほどとはいかないまでも、私たちも、地域の方々に愛されるオープンな教会を目指してがんばりたいと思います。


2013年9月27日金曜日

倉敷市民クリスマス実行委員会

今日は倉敷市民クリスマス実行委員会に出席するため、高梁川を越えて、倉敷聖約教会まで出かけてきました。
委員会には、はじめて参加させていただきましたが、はじめてお会いする先生方も何人かいらして、少々緊張いたしましたが、和やかな雰囲気の中、しっかりと、幾つかのご奉仕を頂いて帰りました。新参者ですので、お手柔らかにお願いします。


気がつけば9月も残すところあとわずか、12月もあっという間にやってきそうですね。

2013年9月26日木曜日

聖書の学び会

午前中、聖書の学び会が行われました。
今回は、ヨハネの黙示録19~20章。
黙示録もいよいよクライマックスに突入です。
黙示の形式を取っていることで、理解しにくい所も多々ありますが、その中にあっても、主なる神が完全なる勝利を成し遂げていく様が語られています。

黙示録19:11 そして、わたしは天が開かれているのを見た。すると、見よ、白い馬が現れた。それに乗っている方は、「誠実」および「真実」と呼ばれて、正義をもって裁き、また戦われる。
19:12 その目は燃え盛る炎のようで、頭には多くの王冠があった。この方には、自分のほかはだれも知らない名が記されていた。
19:13 また、血に染まった衣を身にまとっており、その名は「神の言葉」と呼ばれた。


当初は、20章までの予定でしたが、せっかくの良いところで中断するのももったいなし気がして、結局最後までいきました。

黙示録22:17 “霊”と花嫁とが言う。「来てください。」これを聞く者も言うがよい、「来てください」と。渇いている者は来るがよい。命の水が欲しい者は、価なしに飲むがよい。
22:18 この書物の預言の言葉を聞くすべての者に、わたしは証しする。これに付け加える者があれば、神はこの書物に書いてある災いをその者に加えられる。
22:19 また、この預言の書の言葉から何か取り去る者があれば、神は、この書物に書いてある命の木と聖なる都から、その者が受ける分を取り除かれる。
22:20 以上すべてを証しする方が、言われる。「然り、わたしはすぐに来る。」アーメン、主イエスよ、来てください。
22:21 主イエスの恵みが、すべての者と共にあるように。


感謝!ハレルヤ!主は素晴らしい!


学び会に続いて、参加したメンバーで、来月20日に行われる予定の特別伝道礼拝のための招待状作成を行いました。
私たちには、竜や獣と戦って勝利する力はありませんが、勝利された方、主イエス様のことをお知らせすることならできます。
これからも、一人でも、聖書に記された素晴らしい救いの約束を受け取って下さる方が起こされるように祈っていきたいです。



2013年9月24日火曜日

神様に向かう心

今日は午前中、聖書入門クラスがありました。
その中で、神様は私たちを神に似るものとして造られ、一人一人に良心が与えられていることを参加された方と一緒に学びました。

神様は私たち人間を神を求める心を持つように創られたのですが、どうして素直に神様のほうに心が向かないのでしょう。

ちょうど、方位磁石が北を指すように、本来は、神様を求めて神様のほうに向かっていくはずなのですが、この世の様々な誘惑や、心の迷いなど、いろんな要素が周りから働いて、方位磁石が正確に北を指すことができず、そのうち、磁石自体が狂ってしまうかのように、私たちもこの世の様々な誘惑に囚われていると、心が乱されて、神様を求めることが困難になっていくのです。

狂った磁石を元に戻すためには、余計な誘惑や狂いをきたす様々な事柄を一つ一つ取り除き、正しい方向に向かうように、強力な磁石(神様)だけにつながっているようにするしかありません。

皆さんも、今一度、身の回りで起きている様々な出来事を省みて、あまりに不必要なものに囚われすぎて、大切なものが見えなくなってはいないか、心の整理をしてみてはいかがでしょうか。

マルコ10:41 主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。
10:42 しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

2013年9月22日日曜日

聖霊降臨後第18主日

2週続いての連休です。
先週は敬老の日、今週は秋分の日。
お花も少し秋らしくなりました。

そうそう、先日は中秋の名月を迎え、満月がとってもきれいでしたね。
花鳥風月という言葉がありますが、ススキの揺れる穂は、風をめでるためにあるのかもしれませんね。


本日も礼拝ライブ配信やってます。
でも、参加できる方は、ぜひ直接礼拝に足をお運びくださいね。

2013年9月20日金曜日

CLC訪問販売

今日は、月に一度のCLC岡山の訪問販売の日でしたが・・・



実は、すっかり忘れてました。笑

たまたま教会に居たから良かったものの、いつものようにお出かけしていたら、とんだ失礼をするところでした。
そう言えば、週報で告知するのも忘れていたっけ。反省。

来月こそはきちんと応対しましょう。

2013年9月19日木曜日

サイクリング日和

今日は、月に一度の家庭集会の日でした。
会場のT本宅までは、教会から約7キロほど離れているのですが、あまりにもお天気が良くて、すがすがしい気候なので、今日は自転車で出かけました。
のんびり走って、片道約40分ほど。
サイクリングにちょうど良いくらいの距離です。

集会では、ヨハネ福音書2章から、カナの婚礼でイエス様が水をぶどう酒に変えられて、最初のしるしを行われた箇所から御言葉を聞きました。

イエス様の時代は、自動車はおろか、自転車なんてのもない時代。
ひたすら歩いて町々を回ったのでしょうね。
それに比べれば、自転車での移動は楽々です。

次回もお天気が良ければ自転車で行こうと思いましたが、次は12月かな?ちょっと寒いかな。笑

2013年9月17日火曜日

後片付け

昨日までの台風では、各地で甚大な被害がでているそうで、災害に会われた方々に主の慰めがありますようにお祈りいたします。

前回の台風では、ここも床下浸水があり、一時はどうなることかと心配しましたが、消防団の方々のサポートにより、大きな被害がでることなくやり過ごすことができてました。

で、今日は、その後片付け。

土嚢は、そのまま放置しておくわけにもいきませんし、地面の低くなっているところに撒くことにしました。
この程度の盛り土では、浸水は避けられませんが、少しは足しになったでしょうか。笑

2013年9月15日日曜日

ゴスペルクワイア練習会

今日は午後から月2回行われている、ゴスペルクワイアの練習日です。
お隣の東福山教会からW先生をお迎えして、10月の特別伝道礼拝に向けて猛特訓。

練習後は、みんなでくつろぎタイム。
今日は、海外旅行帰りの方から、パリの紅茶とクッキーのおみやげをいただきました。
ごちそうさまでした。
とてもおいしかったです。

聖霊降臨後第17主日

先週から、ライブ配信用のカメラを新しく設置したところ、利用者さんから「前の位置のほうがプロジェクターの映像も見えて良かった」とのご意見を賜り、カメラの配置を工夫してみました。
ついでに、プロジェクターの映像の文字も読めるよう、解像度をあげてみます。上手くいくかな?

2013年9月14日土曜日

玉島地区祈り会

今日は、昨日に続き、玉島地区での祈り会でした。
いつものメンバーでそれぞれに祈りの課題をあげて祈った後、昼食を共にします。
今日は、五千人の給食の箇所からみ言葉を分かち合いましたが、食事のお世話をすることは、とても大切な神の国の働き。
いつもありがとうございます。感謝!

2013年9月13日金曜日

この手を組んで

今日は倉敷地区の祈り会がT本宅にて行われました。
それぞれに課題を出し合って祈るのですが、皆、抱えている課題が多く、なんとかしたいと思いつつも、自分でどうすることもできない自分にもどかしさを覚えるものです。
でも、だからこそ祈るのです。


私の小さな手は何もできないけれど
この手を組んで祈るとき神のみ手が動く
こたえは必ずやってくる神のときがくれば
「私があなたを助ける」と主の約束があるから

愛する人のために傷ついた友のために
泣きながら叫びながら祈る日もあるけど
こたえは必ずやってくる神のときがくれば
「私があなたを助ける」と主の約束があるから

主イエスの御名によって祈りは聞かれている
いつの日か天国で全てわかるだろう
こたえは必ずやってくる神のときがくれば
「私があなたを助ける」と主の約束があるから



写真の祈りの手は、病気を抱えながらも、この祈り会に参加してくださった方のものです。
私の小さな手は何もできないかもしれない。
けれど、こうして手を組んで祈る時、ここに、神のみ手が動くのです。ハレルヤ。

2013年9月12日木曜日

デイサービス集会

本日は、教会員さんが経営しておられるデイサービスでの集会でした。
デイサービスは、曜日によって利用者さんの顔ぶれも異なるので、月ごとに曜日を変えての集会となります。
今月は、先月火曜日だったので、今回は木曜日の集会になりました。
皆さんと一緒に賛美を歌ってショートメッセージを聞くだけですが、喜んで頂けるので、我々も励みになります。
また来月も楽しみ!

2013年9月11日水曜日

山陰教職者会

神学ゼミナールも終わり、続いて行われている山陰教職者会にオブザーバーとして参加しています。

あ、米子教会の協力牧師だったか。笑

2013年9月10日火曜日

山陰神学ゼミナール

今日は、蒜山で行われている山陰神学ゼミナールに参加しています。

小教理クラス

今日は、午前中、教会員の方と小教理の学びをしました。
ただ、小教理を学ぶ前にもう少し入門的な学びの方がいいかと考え、やさしいキリスト教入門を用いて学び会をしました。
もう30年も前の本ですが、よくまとまっていて、使いやすい本です。

今日は、このあと蒜山にでかけ、山陰神学ゼミナールに参加する予定です。こちらも楽しみです。

2013年9月9日月曜日

ピンホールカメラ

昨日は、礼拝メッセージで「カメラは仕事のために必要ですから・・・」とか言っておきながら、今日はお休みなので、カメラも趣味に早変わり(笑)

前から一度やってみようと思っていたピンホールカメラにチャレンジしてみました。

使用するのは、デジタル一眼レフカメラで、レンズの代わりに、厚紙に小さな穴をあけたものをセットしてみました。

テスト撮影の結果がコチラ。

なんとなく分かるけど、ピントがいまいち。

なので、少しレンズ(厚紙の穴)を改良して、再度チャレンジ。


さっきより少しはよくなったようです。

でも、穴が小さくなった分だけ、ケラレ(画面の隅が暗くなる)が出ていますが、まあ、これもピンホールカメラの醍醐味でしょうね。


ちなみに、写っているのは、近くの天理教の建物と、玉島教会の会堂です。

2013年9月8日日曜日

暁の月



詩篇139:7 私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。
139:8 たとい、私が天に上っても、そこにあなたはおられ、私がよみに床を設けても、そこにあなたはおられます。
139:9 私が暁の翼をかって、海の果てに住んでも、
139:10 そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます。
139:11 たとい私が「おお、やみよ。私をおおえ。私の回りの光よ。夜となれ。」と言っても、
139:12 あなたにとっては、やみも暗くなく夜は昼のように明るいのです。暗やみも光も同じことです。

聖霊降臨後第16主日

本日も礼拝のライブ配信を行います。
先週から、新しいウェブカメラを導入。少しだけですが、画像、音声とも向上していると思います。

NEWウェブカメラ

先週の礼拝から、新しいウェブカメラが導入されています。
最初、アヒルかと思っていたら、よく見るとパンダデザインですね。

2013年9月7日土曜日

私はこんな大人になりたい!(なりたくない?)

午後のサタデーくらぶに続き、夕方7時からは、中高生・青年向けの集会、ユース礼拝が行われました。

メンバーはいつものメンバーですが、毎回楽しく過ごしています。

分かち合いの時間も、毎回、何らかのテーマで話し合いますが、今回は「どんな大人になりたいか、あるいは、こんな大人にはなりたくない」というテーマで語ってもらいました。

何か、所々、誰かの悪口を言っているような気もするけど(笑)まあ今日だけは、悪口風の発言も赦そう。イエス様が赦して下さるってメッセージでしたから。

これから、このユース礼拝をどんな集会にしていきたいか、次回、もっと深く話しうことができるよう、1日お泊りキャンプを企画してみました。
教会に泊まって、朝まで作戦会議?それとも、ただ寝るだけ?

ともかく、お楽しみに!

卓球部員歓迎

本日のサタデーくらぶには、はじめてのお友だちも来てくれました。
はじめての集会なので、ゲームも、賛美も、メッセージも、よく分からなかったかもしれませんが、卓球部のお友達が、少しずつ他のお友だちを誘ってくれるのが嬉しいですね。

本日の卓球部員6名。
美術部員2名。
小学生3名。
卓球部さまさまですね。

2013年9月5日木曜日

野ぶどうのカーテン

ぼ(苦)し室の記事をご覧になったH井さんが、母子室でお仕事ができるように、少しでもきれいで快適な空間にしようと、カーテンを新しく付け替えてくださいました。
会堂との境のガラス窓部分にも、新たにカーテンレールを取り付けて、レースのカーテンもつけてくださり、とっても気持ちの良い部屋となりました。

ここでは、既に、聖書の学び会や火曜礼拝など、少人数での集会も開くようにしているので、集会に参加される方も喜ばれるでしょう。

ちなみに、新しいカーテンのデザインは「野ぶどう」です。

ヨハネ15:1 「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。
15:2 わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。
15:3 わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。
15:4 わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。
15:5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

H井さんは、この教会の働きが始められて以来、ずっと心を込めて、会堂の手入れをしてくださっています。
感謝と共に、これまでのこうした働きが豊かに用いられて、ますます豊かに実を結んでいくように願うものです。

水はけの問題

ようやく教会前の道路も普通に歩けるようになったので、郵便局に出かける用事もあったので、ついで、玉島の周辺の様子を見てきました。

ハザードマップでは、最も土地の低そうなライフキャンパス周辺の水路は、ほとんど変化がないようで、水位の上昇も20センチほど。(写真はライフキャンパス周辺の水路。あふれた形跡はない。)
しかも、それでもまだ余裕があるようです。

教会横の用水路は、水路の上限をさらに超えて60センチほど水位が上昇していたことから考えると、単なる土地の低さだけではなく、やはり、排水の構造に問題があるようです。
教会周辺も調べてみましたが、天理教の周りから、バイパスの南側からも、教会横の小さな水路に排水しているようです。
これでは、あふれて当たり前でしょう。

ここは小学生の通学路にもなっているし、登校班の集合場所でもある場所。
なんとかならないものかと思います。

水がひきました。

地元の消防団の方が「干潮になって、水門を開ければ、いっきに水位が下がるから・・・」とおしゃっておられたのですが、夕べは、干潮時を過ぎても一向に水位が下がらず、次の満潮を迎えても、まだ水がなみなみと残っていたので、明日も無理かと思っていたら、
朝起きてみると、すっかり水が引いていました。
港の水門を開けて、溜川遊水地の水位が下がり、その後、そこに流れ込む水路の水が徐々に遊水地に流れ込むのに時間差があるからでしょうか、夜中に水が引いていったようです。

やれやれ、これで一安心です。

でも、まだお隣の畑は水があふれて、水浸しのままです。
これからが台風の季節。
まだまだ油断はできませんね。

2013年9月4日水曜日

長尾消防団の皆さまありがとうございました。

ついに教会も床下まで浸水が始まりました。

教会前の道路も、水路との境が見えなくなっており、とても危険です。



そんな中、近所の方が救助を要請されたようで、地元の消防団の方が土嚢を運んできて下さいました。

もうすぐ小学校の集団下校の時間なので、しばらくそばで様子を見ていたら「お宅も土嚢いりますか?」と尋ねられたので「あればありがたいです」と答えたところ、教会の玄関前にも土嚢を積んでくださいました。

長尾消防団の皆さま、本当にありがとうございました。

もうすぐ小学校の下校時間なのですが、子どもたちには、なるべくここを通らないように指導します。
でも、伊木君はここを通らざるを得ないな・・・。
子供たちが守られるよう、お祈りください。

池?

午前10時現在、教会の駐車場は、ほぼ全域が水で埋め尽くされました。

幸い、水位はそれほど上がらず、かろうじて守られている感じです。

大雨洪水警報

台風17号接近の影響で、倉敷市周辺に大雨洪水警報が出ています。
朝には、土砂災害警戒もでました。

ちょっとの雨でも用水路が溢れる教会横の水路は、当然、あふれだしています。
ちなみに、教会の駐車場は、近所の小学生の登校班の集合場所になっているのですが・・・
足首のくるぶしをこえている所もあります。


うーん、先に進めない。
でも、子どもたちは水の中をじゃぶじゃぶしながら登校していきました。

靴は絶対濡れるから、靴下を脱いで、タオルを持たせました。
幸い、風がそれほど強くないので、なんとか学校には行けそうです。

facebook