2014年2月28日金曜日

ケリッ!

夕べ、教会のお隣の畑から、「ケリッケリッケリッケリッ」と、けたたましい鳴き声が響いていたので、おそらく、何かの鳥が子育てでもしてるのだろうと思っていましたら、今朝、それらしき姿を目撃。
ぱっと見は、ゆりかもめに似ていますが、口と足が黄色。
これは確か・・・

と思い出そうとしましたが、野鳥図鑑を見なくなって久しい。笑

野鳥図鑑を調べようとしたら、長男の勉強机の上に置いてありました。

もしかして、長男も調べたか?


で、鳥の名前ですが、その鳴き声のとおり、ケリという名の鳥だそうです。

創世記2:19 主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。

まんまですね。笑

2014年2月27日木曜日

聖書を学ぶ会

今月の学び会は、先月の続きで、主にダビデ王の生涯についてサムエル記下の記述に沿って学びました。


ダビデはゴリアテを倒し、イスラエルの王国を確立した偉大な王様というイメージが強いのですが、意外に身勝手な振る舞いも多く、神様に仕える一生懸命さは見られるものの、人間の生々しい姿をさらけ出していて、まるでどこかの誰かを見ているかのような気がしてきます。

そんな中、ダビデは自分の息子アブサロムと敵対することとなってしまうのです。
最終的にアブサロムは死んでしまうのですが、その知らせがダビデの元に知らされる時、ダビデを苦しめる者の手から解放されたことと、愛する息子アブサラムの死という二つの知らせが告げ知らされるのです。
聖書では、この知らせを「よき知らせ(=福音)」と語っていますが、イエス様の十字架により、すべての敵からの解放と同時に、神の一人子キリストの死が告げられることを思う時、真のよき知らせとは、イエス様の十字架による救いの出来事なのだと思わされるのです。

2014年2月26日水曜日

ガス屋さん

今日は、献血ルームから成分献血の依頼が来ていたので、午前中、献血に出かけようと思っていたのですが、子どもの急な発熱のため断念。
少しでも病気で苦しんでいる方々の助けになればと思い、自分にできることをしようとは願っているのですが、息子の親は他に代わりがいないですから仕方がないですね。
また日を改めて行くことにしましょう。

献血は、月に一度くらいのペースで出かけていますが、普段から薬を飲んでいたり、インフルエンザの予防接種、歯科医での治療さえも受けていれば献血することができないみたいなので、定期的に献血するのも結構大変なのです。
できる時にしておかないと、輸血を必要としていらっしゃる方々には、また今度というわけにはいきませんからね。



予定変更になったので、明日の学び会の準備をしていると、今日は水島ガスさんがガスボンベの交換にいらっしゃいました。
大変な作業なので、せめて感謝を伝えようと、ごあいさつ。
「いつもお世話になっています。おかげで、本当に助かります。ありがとうございます。」

ちなみに、ガスボンベ1本で、だいたい100キロぐらいの重さになるそうです。
いくら転がしたり、専用の一輪車で運べるといっても、やはり大変な作業には変わりありませんね。
「ガスのことで気になることがありましたら、ご遠慮なくお尋ねくださいね」と、ありがたいお心遣いも頂いて、気持ちよくお見送りさせてもらいました。


そう言えば、蒜山にいた頃は、灯油を配達して下さる業者さんといつも顔を合わせて感謝を伝えていましたが、こちらでは、ガス屋さんはいつの間にか交換して行って下さるので、気がつかないことが多く、こちらのほうは「また今度」ではなく、今日、きちんとご挨拶することができて良かったです。

2014年2月25日火曜日

リコーさん

今日はリコーさんがコピー機の点検に来て下さってます。本当にありがとうございます。
こうやって皆さんの助けを頂きながら働きが続けられることを思う時、世の中にあっての交わりの大切さも思わされます。

春のような日差しを受けて

今日は日中、14℃くらいまで気温が上がるそうです。
陽射しだけなら、ホント春が来たような感じです。

「野の花がどのようにして育つのか、注意してを見なさい」とイエス様は仰せられましたが、つぶやきもせず、従順な姿で春の陽射しを浴びて穏やかに咲いている草花を見ていると、真の幸いとはどういうことかということを学ばされるような気がします。
今日はこれから小教理の学びがあります。
神様に与えられた恵みを数えつつ、共に聖書の御言葉を学ぶことができる幸いを覚えたいと思います。



2014年2月23日日曜日

顕現節第8主日

2月も最後の日曜日を迎えました。
今朝もよく冷えていますが、日中は10℃前後まで気温があがるようです。
陽射しは春らしくなってきましたが、まだまだ「光の春」ですね。
春だと思って薄着をして出かけてしまうと、風邪を引くかも。油断禁物ですね。


私たちは、一見、豊かで快適なモノやサービスによって幸いが得られると思いがちで、あるいは人にいろいろなことを期待してしまうものです。けれど、私たちを本当の意味で祝福して下さるのは、唯一の神のみ。
人に期待すれば失望もするでしょう。
けれど、神に信頼する人生は裏切られることはありません。
イエス・キリストは、私たちを救うため、ご自分の命を捧げられた方。
そのことを覚え、唯一の主なる神、イエス・キリストを真の救い主として見上げ、「主にあって、いつも喜んで」いられるようにと願うものです。


今日の礼拝の様子もライブでご覧頂くことができます。

皆さまの上に、主イエス様の豊かな祝福がありますように。

2014年2月22日土曜日

玉いれ

今日は、玉島教会きってのドラマーが風邪を引いてダウンしてしまいましたが、残りのメンバーで元気よくサタデーくらぶ開始です。
 今日のゲームは、2チームに分かれての対抗戦で、競技は玉いれ。
結構もりあがりました。
これくらい人数があると、チーム対抗戦もできて、ゲームも楽しくできますね。


メッセージは、マタイ6章33節の「何よりもまず神の国と神の義を求めなさい」という箇所から、自分中心に物事を考えるのではなく、神様が創ってくださった私らしさを活かして生きていく時に、周囲からも信頼されるし、人生楽しめるよ、というお話でした。
楽しく過ごすことは、人生を豊かにする秘訣。
自己中心だったり、イライラ怒ってばかり、自分勝手に他人を批判したり、そんなことばっかりしてても、人生楽しくないですからね。

2014年2月21日金曜日

岡山CLC

今日は岡山CLCさんの訪問販売の日でした。近くにキリスト教書店がない地域の教会にとっては本当に助かります。
尊いお働きが豊かに祝福されますようにお祈りします。

2014年2月20日木曜日

よき知らせの学び

本日は、家庭集会の日でした。8名の方が参加されて、マイリス・ヤナツイネン先生の「よき知らせの学び」という聖書研究用のテキストを用いて、グループ聖書研究の時を持ちました。

フループ聖書研究の良いところは、一人で聖書を読んでいても分からないことや、他の人が感じたこと、思いもしなかったことなどを聞けたりするので、けっこう面白いそうです。

斜めの部屋

今朝のルーテルアワー「心に光を」は、玉島教会の伊木牧師のメッセージです。
内容は、去年の夏に神戸に行った時、ポートアイランドにある青少年科学館に行った時のお話。
下の画像をクリックすると聞くことができます。



そう言えば、以前、寝室の大掃除をしようとして、ベッドを動かした時、マットレスを乗せているスノコの部分がズレ落ち、しばらくそのまま気がつかないでいたために、軽いめまいに悩まされたことがありました。
メニエールなどの症状かなあと思ったこともありましたが、再び掃除をしようとマットレスをめくって、スノコのズレ落ちているのを見つけ、元どおりに直したら、普通に眠れるようになったことがありました。
眠っている時も、平らなところで眠ることは大切のようです。
まあ、普通そんなことはなかなか無いとは思いますが。笑

2014年2月19日水曜日

デイサービス集会

今日は教会員の方が運営しておられるデイサービスの集会に出かけてきました。
ここの利用者さんは、いつも私たちのことを温かく迎えてくださるので、行くのがとても楽しみです。
今日は、ゴスペルクワイヤーの集会でもお話した、壊れたキッチンタイマーのお話しをしました。

100円均一で買ったキッチンタイマーが壊れ、修理してやったというお話しなのですが、100円均一の品物を修理してまで使おうとする人は珍しいかも。
でも、神様も、私たちもことをそれ以上に大切に思ってくださるお方。

イザヤわたしの目にあなたは価高く、貴く わたしはあなたを愛し あなたの身代わりとして人を与え 国々をあなたの魂の代わりとする。

イエス様は、壊れて役に立たないような私たちでも、愛して高価な代価を支払って買い取って下さるお方。
だから、私たちは、一人一人が大切な存在なのですね。

集会のあと「ほんま100円のキッチンタイマーひとつで、何回使えるか。十分元取ったわ。」と笑いながら帰宅しました。

2014年2月18日火曜日

小教理

本日は午前中に小教理クラスがあり、夜は火曜礼拝が予定されていて、どちらも参加者は一人という集会ですが、その分じっくりお話しできて良いです。
今朝の小教理ではイエス様の人としての性質について学びました。イエス様は、全て点で私たちと同じようになられたお方。私たちの悩みも全て理解して下さいます。

2014年2月16日日曜日

オープンピアノ

気温が低い朝に部屋を一気に温かくすると、ピアノの中で結露してしまうようなので、乾燥させています。
暖房に石油ストーブを使っているので、仕方がないかな。
結露させないためには、エアコンを使うか、徐々に温度を上げるようにすればいいとのこと。
うーん、なかなか難しいな。

それにしても、フタを開けると、すごく大きな音が出ますね。

顕現節第7主日

週末は、太平洋沿岸各地で記録的な大雪に見舞われたようですが、週が開けて、穏やかな日曜日の朝を迎えています。
とはいえ、放射冷却のため、0℃近くまで冷え込んでいます。
寒い朝ですが、日中は暖かくなるのではないかと思います。

今日は、スノーファンキャンプの最終日。
キャンプに参加された方々が、イエス様の愛をいっぱいに受けて、喜びに満たされて蒜山を降りられますよう、雪のない倉敷の地よりお祈りしています。


礼拝のライブ配信の様子はコチラから→http://www.ustream.tv/channel/tamashimaelc

パソコンをご利用の方は、このブログの一番下のところからご覧頂くこともできます。

2014年2月15日土曜日

ピンチメッセンジャー

伊木牧師は、今日の夕方までの予定で蒜山バイブルキャンプで行われているスノーファンキャンプに参加していたため、サタデーくらぶには間に合わないと思い、あらかじめ、陽子姉にメッセージを頼んでおきました。
しかし、予定より早く蒜山から帰れたので、10ほど遅刻しましたが、途中から参加するこができました。

ということで、今日のメッセンジャーは陽子姉です。
いつもは、メッセージが始まると、台所でワッフルを焼き始めるのですが、今日はそういうわけにもいかないので、あらかじめケーキを焼いておいたそうです。

一人で何もかもは大変ですが、お友達が御言葉を熱心に聴いてくれたのが何よりです。

大自然の中でのキャンプ

蒜山バイブルキャンプで行われているスノーファンキャンプでの二回のメッセージの奉仕を終えて、玉島教会への帰宅の途につきました。
今回、残念ながら、雪のためにメッセージに間に合わない方も続出してしまいましたが、自然の業には勝てません。しかし、それでこそ、大自然の中でのキャンプ。
蒜山での多くの恵みを感謝しつつ。また蒜山でお会いしましょう。

2014年2月14日金曜日

スノーキャンプ

今日から三日間の予定で蒜山バイブルキャンプにてスノーファンキャンプが行われます。日曜日は玉島教会の礼拝があるので明日までの参加ですが雪を楽しんできます。
それにしても、雪がたくさん!!

積雪

今朝は、本州南岸に沿って低気圧が移動中のため、太平洋側の南の方で雪が多くなっているようです。
今日はこれから、スノーファンキャンプに参加するため、岡山県北部の蒜山高原まで出かけなければならず、雪道が心配ですが、スノーファンキャンプですから、雪を楽しんできたいですね。

道中の安全とキャンプの祝福のためにお祈り下さい。

2014年2月13日木曜日

チラシが届いたものの・・・

今日は幾つかの郵便物が届き、中に入っていたチラシを教会員の方にも見てもらおうと思って掲示板に貼っておいたのですが、知り合いの方のFBの記事を見ていて、さっき掲示板に貼り付けたチラシの集会が今日の集会だったということが判明。

というか、まともに日にちを見てなかったということですね。


きっと、神戸だから参加は無理ね、くらいにしか見てなかったということでしょうね。笑
今後はきちんと確認します。

2014年2月12日水曜日

コンビニ

改めて意思表示カードを入手するため近所のコンビニに出かけたら、ちゃんと置いてありました。最初からコンビニに行けば良かった。

臓器提供意思表示カード

今日は、週末に行われるスノーファンキャンプのメッセージの準備も兼ねて、臓器提供意思表示カードを手に入れようと、玉島警察署に行ってきました。
窓口で尋ねたら、臓器提供意思表示カードに関するリ-フレットのみ置いてあり、意思表示カードは置いてありませんでした。
警察署にやってくる人は、みな免許を持っているだろうから、運転免許の裏に書いておけば宜しいということでしょうか。
免許を持っていない人だってたくさんいるのに・・・と思いつつ、説明を読んでみると、「提供したい」という意思を書くのは15歳以上が有効であり、15歳未満の場合、「提供したくない」という意思のみ有効なのだとか。
ということは、15歳未満の場合、仮に本人が提供したいと願ったとしても、家族(親等)が同意しなければ無理ということでしょうか。
意義表示カードを持っていない場合、移植コーディネーターが家族を説得して移植が行われるケースが多いことを考える時、提供したくないと考えている人は、なおさら、意思表示しておく必要がありそうです。そう考えると、誰もが手にすることができるようにしておく必要があると思うのですが。

かつては、臓器提供したいと思う人が持っていたはずの意思表示カードが、今や、提供したくないと思う人が持つべきものとなっているようですね。

2014年2月10日月曜日

母の家

本日は、母の家ベテルにて行われたシスター建の葬儀に出かけて来ました。告別式には大勢の方々がお見送りにかけつけて下さり、シスター建とのお別れを惜しんでおられました。シスター建のあの笑い声がしばらく聞けないのがさみしいですが、天国でまたお会いできる幸いを覚えて日々の歩みを続けて行きたいものです。

2014年2月9日日曜日

特別伝道礼拝

本日は、神戸ルーテル神学校の校長先生であられる、正木牧人先生をお招きして、特別伝道礼拝が行われました。
さすが正木先生効果もあってか、いつもより、大勢の方がいらしています。
(というより、正木先生ファミリーと清間神学生ファミリーが来られたことで、かなりの大人数でもありますが)

礼拝では、まず、清間神学生が証をしてくださいました。
現在、3年生。最終学年を向かえ、卒業論文やファイナルテストなどを控え、がんばっておられます。


そして、いよいよ正木先生のメッセージです。
ルカ19章のザアカイの箇所から「喜んで迎えた」と題し、たいへん分かりやすく、恵まれるメッセージを語って下さいました。


礼拝に続いて、喜んでお迎えする愛餐会が行われ、おいしいハヤシライスを頂きながら、恵まれた会を持つことができました。


礼拝に集われた皆さん、口をそろえて「今日のメッセージはとても素晴らしかった」と言ってくださいました。できたら、来週も・・・。笑

正木先生の神学校でのお働きと、清間神学生の学びが祝福されますようにお祈りしています。

特別伝道礼拝のご案内

2014年2月9日(日)午前10時半から、神戸ルーテル神学校の校長の正木牧人先生をお迎えして、特別伝道礼拝を行います。
とても親しみやすく、わかりやすいお話をしてくださいます。

どなたでも歓迎します。
ぜひ、聖書のお話しを聞いてみませんか?

2014年2月8日土曜日

ようこそ!サタデーくらぶへ!

今日は記録的な大雪(?)に見舞われた倉敷ですが、今日は、神戸からいらっしゃる予定だった正木先生ご一家と清間神学生ご一家の代わりに、はじめてのお友だちも何人かサタデーくらぶに来てくれました。


今日の聖書のメッセージは、神様は完璧なお方。
完璧なお方だからこそ神。
でも、完璧なお方なら、正義も完璧なはず。

そこで、「あなたたちの中で、自分の兄弟に向かって『バカ!』って言った事ある人は手を挙げてーはーい!」と尋ねたところ、見事に全員挙手。笑
「はい、全員地獄息決定!」と言ったら、何人かウケてましたけど、笑い事じゃないよ。

でも、神様は完璧な正義を求めると同時に、完璧な愛のお方でもあるから、その正義を完成するために、あなたがたの身代わりとなって十字架にかかって、すべての罪を償って下さったから、イエスさまを信じる人は、安心して天国息決定!なのです。

今日はじめて来てくれたお友達も「サタデーくらぶ、ツボにはまったわ」と言ってくれているようで、できたら、毎週参加したいそうです。
ぜひぜひ、毎週来て下さい。そして、イエス様の救いを一緒にいただこー!
雪もあがり、晴れてきました。ハレルヤ!

大雪

倉敷は、昨夜から大雪になっています。
目視で7~8センチといったところでしょうか。

昨年まで蒜山で暮らしていた者にとっては、特段変わったことではなく、「あっ降ったね」くらいなものですが、ここ倉敷では、さすがに大騒ぎです。
朝から近所で子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきますし、町中でも車が立ち往生している様子も見かけます。
こんな日は、スタッドレスやチェーンを持っていない方は、車を乗らないようにしてくださいね。

玉島地区祈り会

今日はこの雪の中ですが、玉島地区の祈り会が行われました。
チェーンが大活躍です。

2014年2月6日木曜日

祈れる幸い

初めての西阿知での祈り会が終わり、少しの時間ですがお茶のお交わり。
T姉が「祈りの交わりに加われたことが幸いです」と祈って下さったことが本当に幸いでした。
ご自宅を開放して下さったT家の皆様にイエス様の祝福が豊かにありますように。

倉敷地区祈り会

本日の倉敷地区祈り会は、いつもと違って西阿知の信徒さん宅にて行われます。今朝はまたずいぶん冷え込みましたが、いつも通り自転車での移動。自転車だと、とにかく指先が冷える!

2014年2月5日水曜日

蛇口補修

牧師館のキッチンの蛇口が根元からぐらぐらしていたので、シンク下に潜って補修をしました。素人修理の応急処置ですが、当面は大丈夫でしょう。
何にせよ、形ある物はいつか壊れるもの、大事に使っていかないといけませんね。物も人も。

2014年2月4日火曜日

小教理クラス

今日は午前10時から小教理クラスです。
昨年のクリスマスに堅信礼を受けられたM兄と学んでいますが、今日は、使徒信条の第一条に入りました。
第一条では、天地を創られた神様の御心について学びます。
神様は、人間を創られた方ですが、当然、そのほかの被造物も創られました。

M兄は、わんちゃんを飼っておられるそうですが、わんちゃんから学ぶことも多いのだそうです。
「わんちゃんは、忍耐強いし、神様に創られた存在として、創り主に対して従順です」と。

私たちも創り主なる神様に対して、そうありたいものですね。

2014年2月3日月曜日

郵便局

本日は郵便物を郵送するため長尾郵便局に来ました。
教会から1キロ足らず。歩いて行ける距離なので助かります。

でも、ここに来るためには、JRを超えるため陸橋を渡らなければならず、面倒なので、だいたいいつも自転車で1キロほどのところにある上成郵便局のほうへ行きます。
長尾郵便局のほうが近くて便利そうですが、自転車だと、陸橋は余計に面倒なので・・・。

2014年2月2日日曜日

顕現節第5主日

2月に入りました。
今朝は、2月はじめとは思えない暖かい朝になっています。
子どもたちも、朝からストーブをつけるかつけないかで言い争いをしていましたが、寒かったら遠慮せずつけてくださいね。笑

今日も礼拝のライブ配信を行います。
ライブ配信の様子は、このブログの一番下からご覧になれます。
スマホ、タブレット等をご利用の方は、以下のリンク先をご参照ください。

2014年2月1日土曜日

蒜山やきそば

今日のユース礼拝は、少し早めの午後6時スタート。
理由は、夕飯つき!

今夜のメニューは、蒜山焼きそばです。

もちろん、夕飯のあと、ちゃんと礼拝もしました。
聖書箇所は、サタデーくらぶと同じ、マタイ5章13~16節から「あなたがたは地の塩、世の光」というメッセージ。
神様は、一人一人を目的をもって作られ、自慢するためではなく、人々を照らすために用いられるべきであるということを学びました。

蒜山やきそばを食べて、人のために役に立ち、人を喜ばす人になろう!
オー!

地の塩、世の光

今日は土曜日恒例のサタデーくらぶでした。
いつもより、少し人数は少なめだったものの、楽しくゲームをしたり、賛美をしたり。
会堂いっぱい、走り回ってますね。


さて、今日の御言葉は、マタイ5章13~17節の「あなた方は地の塩、世の光です」という箇所。
みんなで岩塩の写真を見ましたが、ほんと、見た目はタダの岩の塊。
でも、塩味を出すことのできる唯一の存在。
私たちも、神様に創られた一人一人の特別な存在、一人一人の個性が活かされて、神様のために用いられたらいいですね。

今日は、このあと、夕方からユース礼拝も予定されています。
ユースでは、あの「蒜山やきそば」を作って食べます。
たのしみー!

facebook