2018年7月10日火曜日

床下浸入

先週末の大雨が嘘のように、綺麗な青空が広がっています。

気温も上がり、少しずつ空気も乾いてきたので、床下も乾燥させてやる必要があります。
浸水しないよう、換気口にはめていた木製のフタは、一部、膨張して取り外すことができないものもありますが、ほぼ取り外し、換気を行っています。



床からの点検口も開こうと思いましたが、思いのほか苦戦。
ネジがさびて固着していました。

なんとか開くことができました。

床下の様子は、ゴミなどは入っていないものの、やはり、水が床下ギリギリまで上がってきた痕が見られます。

外れない喚起口のフタを裏側から押したたいてみようと、床下に潜入開始。


地べたにはいつくばって、フタがくっついてしまったところまで、なんとかたどり着きましたが、かなづちでたたいても、びくともしませんでした。

あきらめて退散。
しばらく乾燥するのを待つしかないようです。


とりあえず、床下にゴミなどは侵入しなかったものの、しっかりと水は入ってきたようで、地面もびちゃびちゃの状態でした。

大引き・根太の上は、合板、そして、タイルカーペットとなっているので、ギリギリ一歩手前というところでした。
守られて感謝です。

facebook